アニメーター になるには 志望

Sponsord Link


アニメーターになるにはどうすればいいの?

アニメーターとはどんな職業なのか?

アニメーターとは、映画やテレビなどの登場人物や背景などをデザインしたり、絵に動きを付けて1コマずつ、つなげて行く人の事をそう呼んでいます。
また、アニメーターは、背景や人物像などをデザインする原画家と、絵に動きをつける為の動画家の2種類に分ける事が出来ます。
漫画をテレビアニメや映画にする際、映画やテレビ用に漫画の主人公や背景を書いたり、アニメーションとして登場人物を動かしたりするのは、アニメーターがいてこそだと言えるでしょう。

また、アニメーターの仕事は原画と動画を作成するだけではなく、その作品の監督や作画監督を一貫して行なう場合もあります。
最近は特にアニメーターの道へと進む若者が増えてきましたが、アニメーターという職業を理解した上で、次はどうやったらアニメーターになれるのかを、説明していきたいと思います。

アニメーターになる為には?

アニメーターとは、漫画をアニメ化や映画化する時に、映画やテレビ用に原画を書き直したり、原画を元に登場人物などに動きをつける人の事を指しますが、どうやったらアニメーターという仕事に就けるのかについて、説明していきます。

まず、アニメーション専門学校を経て、アニメーターになる方法です。
こちらは、アニメーションの基礎知識をしっかりと勉強出来るので、卒業後の進路に困る事が少ないのがメリットです。
もし、アニメーターとして就職出来なくても、アニメーターを育成する為の講師としての道も用意されています。

次に、絵に自身のある人は、希望のスタジオなどに直接自分の作品を持ち込むか、アニメーター募集の求人などに応募し、審査をして貰う方法です。
自分の作品が、そのスタジオの基準を満たしていれば、研修生として雇って貰う事も可能なのです。

アニメーターという職業は、特に必要な資格は無いので、必ず学校に通うという必要制はありません。
自身の年齢や置かれている状況によって、専門学校へ通うか、スタジオ飛び込みでアニメーターを目指すかを選ぶと良いでしょう。

アニメーターになるために必要な絵の技術はどれくらいですか?

アニメーターに必要な技術について

 

アニメーターになる為には、特に必要な資格などはありません。
基本的な知識を覚える為に専門学校に通ったとしても、専門学校で習った内容は、その後スタジオで働く際に教えられる事なので、強制的に学校に通う必要はありません。
その為、独学でも絵が上手ければ、アニメーターへの道へと進む事が出来るのです。

 

アニメーターになる為に必要な技術や知識としては、まず1番に「絵が上手い事」が挙げられています。
人物がや背景を描く画力が備わっていれば、解剖学的構造やパースの基礎なども入社後に覚えるものである為、無理に覚える必要はありません。

 

では、特に必要な資格も無く、画力が際重要とされているアニメーターですが、アニメーターとして採用してもらう為には、どの程度の画力が必要になってくるのでしょうか。
詳しく説明していきたいと思います。

 

アニメーターになる為に必要な画力について

アニメーターになる為には、まず必要なのは画力です。
特に重要とされているのは、鉛筆での高度な線画能力です。
鉛筆だけでキャラクターの状況や感情などを表現出来れば、尚良いとされています。

 

また、アニメーターは動画家と原画家の2種類に分ける事が出来ますが、原画家になりたい場合、特に上記の様な「絵の表現力」が必要とされてきます。

 

絵の構造が悪いと言われていても、表現力が備わっている人であれば、アニメーターとして雇って貰える方も多いそうです。
逆に、表現力が無く、感情も無い「ただの絵」を書く人は、どんなに絵が上手でもアニメーターとしてやっていくには、少し無理があると言えます。

 

アニメーターとして求められるのは「画力」と「絵の表現力」と言いましたが、画力は絵を書けば書く程備わっていくものです。
多少絵が下手でも、徐々にキャリアアップさせていくのが今のアニメーター業界のやり方なので、アニメーターになる為には、まずは人物の状況や表情を描く「表現力」を身につけると良いでしょう。

アニメーターの求人情報はどこで得ることが出来ますか?

アニメーターになりたい人の為に

 

絵を書くのが好きで、アニメや映画の制作に携わりたいと、アニメーターを目指す方が増えてきています。
アニメーターとは、テレビアニメや映画の為の登場人物を書いたり、それを動画として1コマずつ繋げて行く人の事を言います。
特に必要な資格などはありませんが、絵を書く仕事なので、それ相応の画力が必要とされています。

 

そして、次に気になるのが「アニメーターとしての求人は、どこで見つければ良いのか?」という事です。

 

専門学校に通っている方ですと、卒業後に学校側からアニメーターとしての就職先を紹介して貰えますが、独学で勉強している方は、自分で探さなければいけません。
ここでは、アニメーターになりたい方の為の、求人情報の探し方などについて、お話していきます。

 

アニメーターの求人情報を見つける為には?

アニメーターの求人情報は、求人情報などを見ても、掲載されていない事が多く、どうやって求人を探せば良いのか、分からない方も多いはずです。
今回は、現役アニメーターが実際に行った、求人の探し方についてをお話していきます。

 

まず、気になるアニメ会社をネットなどで片っ端からピックアップしていく方法です。
ほとんどのアニメ会社は、自社HPを開設しているので、自社HPに書かれている連絡先に片っ端から連絡し、現在求人を行なっているかどうかを調べる方法です。
希望のアニメ会社が決まっている場合は、その会社に直接アポイントを取る事も、方法としてはアリだと思います。
しかしこの方法だと、根気と気力が必要だと言えますね。

 

次の方法は、アニメーター専用の求人サイトを利用する事です。
業界専門の転職サービスを利用する事で、様々なアニメ会社の求人が出て来る事でしょう。

 

インターネットなどで検索すると、意外と求人情報が転がっている事もあります。
また、大手の企業はだいたい8月頃に一般的な求人を締め切ってしまいますので、春先から7月までが勝負と言えるでしょう。
アニメーターの求人をお探しの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

アニメーターの給料の相場って いくらなんですか?

アニメーターとしての給料の相場とは?

 

アニメや映画を作成する時に、原画を書いたり動画で動きをつけたりする人の事を「アニメーター」と呼んでいますが、アニメーターとしてどれ位の給料を得られる事が出来るのか、気になりますよね。

 

アニメーターは2種類に分ける事が出来、更に監督などにレベルアップする事が出来れば、年収も上がっていきますが、一般的なアニメーターとしての給料は、「年収150万〜200万」程度だと言われて居ます。
月収の相場となると、大体10万〜15万程度が妥当だと言えるでしょう。

 

新人アニメーターとなると、そこから更に下がり、年収100万を切ってしまう方も多いそうです。
月収に直すと、初任給は8万〜10万円が相場の給料と言えますね。

 

ほとんどのアニメーターの方は、アルバイトと掛け持ちして夢を追いかけている人が多いと言えます。

 

では、一般的なアニメーターの給料の相場が分かった所で、次は原画家や動画家、監督を任された場合の給料の相場について、説明していきましょう。

 

給料の相場は、アニメーターの仕事内容によっても変わる?

アニメーターの給与の相場は、月収で言うと8万〜15万が相場だと言われて居ます。
しかし、単にアニメーターと言っても、その仕事内容によって、貰う給料に差が出て来るのです。

 

アニメに動きをつける動画家は、年収100万前後に対し、原画家は100万〜300万程度、作画監督になると、更に500万程度まで見込む事が出来ます。
更に、そこから作品の総監督を任される場合などは、年収1500万〜2000万程度となり、その差は歴然だと言えるでしょう。

 

また、アニメーターとして優秀な人材は、アニメ会社と正社員契約を結ぶ場合があり、その場合は一般的なサラリーマンと同等の給与を期待出来るそうです。

 

アニメーターの給料の相場と言っても、仕事内容や人材によって、その額は大きく変わってくると言えますね。

Sponsord Link