アニメーター 仕事内容

Sponsord Link


新人アニメーターとしての仕事内容について

新人アニメーターとしての基本的な仕事内容としては、まず絵を書く事から始まります。
ひたすらに絵を書き上げる事が、新人アニメーターとしての主な仕事内容となるでしょう。

また、専門学校に通っていない人などは、ここでアニメーターとして使用する機材などの説明を一通り受ける事になります。
仕事で使う道具に名前などを、徹底的に覚える事から、新人アニメーターの道が始まるという訳ですね。

次第に絵が上手になり、画力が上がってきた所で、原画家や動画家としての仕事を任されるようになってくるのです。

ただひたすらに、絵を書き上げていく事と、仕事に使う道具などの名前などを覚える事。
これが、新人アニメーターの仕事内容です。

では次に、見習い中の新人アニメーターの収入面などについて、詳しくお話していこうと思います。

アニメーターの収入は仕事内容で変わる?

それなりに画力があれば、アニメーターとして活躍する事は出来ますが、収入面に関してはあまり良いとは言えないのが事実です。
貰える給料は、アニメーターの仕事内容で大幅に変わりますが、新人の初任給としては、月収5〜10万円程度が相場なようです。
また、携わったアニメや映画がヒットした場合、それに応じて報奨金なども発生する仕組みになっているそうです。

新人から原画家、動画家にステップアップした場合、月収10万〜15万円程に上がりますが、そこから更に作画監督に上がると、年収300〜500万円にアップします。
スキルアップしていかなければ、一般的なサラリーマン年収には程遠いと言えますね。

その為か、アルバイト等を掛け持ちして夢を追いかけている新人アニメーターが非常に多いと言えるでしょう。
スキルアップは、自然に収入アップにも繋がってきますので、ぜひ腕を磨いて有名アニメーターを目指して下さいね。

Sponsord Link