アニメーター 就活

Sponsord Link


アニメーターになる為の就活について

アニメーターを目指している方で、日夜就職活動に励んでいる方も多いはずです。
日本の就活事情を、アニメで表現した「就活狂想曲」というアニメが話題を呼んでいる様に、年々就活戦争が激しくなっていると言えるでしょう。
もちろん、アニメーターも例に漏れず、就職率の低下などの厳しい就活事情があると言えます。

アニメーターとして就職する為には、一体どんな事に気を付けて就活を行えば良いのでしょうか? 今回は、就活を成功させる為の秘訣や、アニメーターとして就職する為の正しい就活方法などについてを、お話していきたいと思います。

アニメーターとして就職する為に〜正しい就活方法とは〜

アニメーターという職業に特別な資格は必要ありませんが、人並み外れた画力と、全てを絵で表現出来る様な表現力が必要となってきます。

その為、希望するアニメ会社の基準に画力が伴わない場合は、どんなに就活を頑張っても、アニメーターとして就職する事は出来ません。
アニメーターとして就職する為には、まずは画力と表現力を身につける事が必要となります。
画力を身につけるだけでも、アニメーターとしての就職率はグンと上がるのです。

プロのアニメーターも、就職活動の合間の時間を使い、1日の大半を絵を描く時間に費やしていたそうです。
アニメーターとして就職する為の正しい就活方法とは、まずはひたすら絵を描き、画力を上げる事だと言えるでしょう。

アニメーターの就職率と就活時期について

アニメーターとして就職する為に、就活に励んでいる方も多いと思いますが、就職活動に適した時期というのをご存知でしょうか?
就活に最も適した時期は6〜7月と言われており、多くの企業がこぞって求人募集を出します。
春先から徐々に求人が増える傾向にあるので、随一チェックしていく事がお勧めされています。

更に、個人で就活を行なうのと、専門学校を経由して就活を行なう場合、就職率にも差が出てきます。
個人での就活は、画力や絵の表現力が人並み外れていなければ、就職には難しいとされています。

一方専門学校だと、その学校と関係のある会社を紹介して貰ったり、アニメーター育成の為の講師としての道を選ぶ事も可能です。
そういった面を含めると、個人で就活を行なうよりも、専門学校に通いながら就活を行った方が、就職率も良いと言えるでしょう。

Sponsord Link