アニメーター 高卒

Sponsord Link


高卒でもアニメーターとして成功出来るのか?

高校卒業を目前に、アニメーターという職業を目指す方も居らっしゃると思います。
アニメーターとして就職する為に、高卒だと不利になってしまうのでしょうか?

大学や専門学校でアニメーターとしての知識を1から学び、それから就職活動を行った方が、就職に有利なのでしょうか?

今回は、高卒でアニメーターを目指す道と、大学や専門学校で基礎知識を学んでからアニメーターを目指す道を、それぞれ比較していこうと思います。
ぜひ、今後の進路の参考にして下さい。

高卒でアニメーターを目指す場合

高卒でアニメーターを目指すメリットとしては、早い時期からアニメ会社に入る事で、現場で必要な技術をより早く身につけられるという事が挙げられます。
年収がかなり低いとされている職業なので、早くに技術を習得し、アニメーターとして活動していった方が、将来的にも安心して活動する事が出来るでしょう。

反対に、高卒でアニメーターへの道を目指すデメリットとしては、社会経験の乏しさが挙げられます。
大学や専門学校でしか得られない人生経験なども、全てを棒に振る事になってしまいます。
また、アニメーターとして芽が出なかった場合に、次の就職先を見つけるのも、高卒だと難しい部分もあると言えるでしょう。

では次に、大学や専門学校を卒業してからアニメーターを目指す道について、お話していきましょう。

高卒後に専門学校や大学を経てアニメーターを目指す場合

高卒後、専門学校や大学を経てアニメーターとして活動するメリットとして、画力や表現力が備わっていれば、即戦力としてすぐに採用される場合もあります。
また、大学や専門学校を通じて社会勉強や人生経験を積む事が出来るので、アニメーター以外の道を模索する事も出来るでしょう。

しかし、一方では大学卒業後だと、アニメーターの年収を考えると、年齢的にも厳しい部分があります。
20代で年収100万の世界ですから、スタートが遅くなればなる程、その後の生活にも響いてくると言えるでしょう。

このように、どちらの道でもメリット・デメリットは存在します。

高卒でアニメーターを目指すか、大学・専門学校を経てアニメーターを目指すかは、全て自分次第です。
自分自身でどうして行きたいかをじっくり考えた上で、最良の答えを見つけ出して下さいね。

Sponsord Link