アニメーター 高齢化

Sponsord Link


アニメーターの高齢化が進んでいる現状について

日本は世界有数のアニメ大国とも言われていますが、ここ最近、アニメーターの高齢化が進んでいる事が危惧されています。
アニメブームにより、一時期アニメーター希望者が増えていたアニメ業界ですが、今では若手の希望者は減る一方です。

なぜ、アニメーターを希望する若い世代が現象してしまったのでしょうか。
今回は、アニメ業界の高齢化の現状について、詳しくお話していきたいと思います。

若手アニメーターが減り、高齢化が進んでいる理由

若い世代のアニメーター希望者が現象し、高齢化が進んでいるアニメ業界ですが、その理由について、詳しく解説していきたいと思います。

まず、この業界に若い世代が入って来ない最大の理由として、「賃金の低さ」が挙げられています。

資格や学歴が必要無く、画力や表現力さえ備わっていれば、活躍の場を設ける事が出来るアニメーターという職業ですが、その裏では賃金の低さが問題視されています。

アニメーターとしての年収は、新人だと100万円前後とかなり低く、雇用形態も「契約社員」としての雇用が多い為、かなり不安定な職業と言えます。
20代での年収も、平均200万という、サラリーマンよりも低い年収がネックとなり、若い世代が離れてしまっている原因と言えるでしょう。

夢のある職業ですが、アニメーター一本で生計を立てるには非常に厳しく、掛け持ちでアルバイトを行って、ギリギリ生計を立てている人も居ます。

また、賃金の低さに加え、労働の過酷さも挙げられています。
アニメーターの世界は、残業という概念が無く、徹夜で仕事をこなす事もしばしば見受けられます。
その割に賃金が低い事もあり、将来を案ずる若者が離れていってしまってると言っても過言ではありません。

一見華やかに見えるアニメーターという職業ですが、目指すには相応の覚悟が必要だと言えるでしょう。

Sponsord Link