アニメーター 年齢

Sponsord Link


アニメーターになる為に年齢は関係あるのか?

アニメーターとして求人情報を見ていると、年齢制限が多いという事に気がつくはずです。
希に年齢制限を設けていない会社もありますが、20代後半を過ぎてのアニメーターへの道は、非常に厳しいものとされています。
それはなぜかと言うと、この業界の収入面の低さが関係していたのです。

新人アニメーターの年収は100万前後と非常に低い為、これだけでは食べていく事が出来ません。
ですが、「それでもアニメーターになりたい!」という方は、会社にかけあってみる事をお勧めします。
例え年齢制限があったとしても、年齢に負けない程の画力と熱意が備わっていれば、年齢などは関係ありませんが、画力が備わっていないと、非常に難しい世界だと言えるでしょう。

では次に、アニメーターとして必要な画力を養う為の練習方法などについてを、お話していこうと思います。

年齢制限を気にせずアニメーターとして雇って貰う為には?

アニメーターとして就職する為には、多くの会社が年齢制限を設けていますが、本人に熱意と画力が備わっている場合、年齢関係無く雇って貰える場合も多いそうです。

まず、年齢制限を気にせずにアニメーターになる方法として、今よりも画力を上げる事が重要と言えるでしょう。
アニメーターは、画力が上がれば上がる程待遇も厚く、期待出来る方は正社員雇用として契約する事もあるそうです。
その為には、常日頃から「絵を書く練習」を怠らない事が大切だと言えますね。

しかし、ただ絵が上手いだけではいけません。
画力の中に、表情や状況を読み取れる程の「表現力」も必要となってくるのです。

年齢制限を突破する為には、まずひたすら画力を上げる練習を行いましょう。
画力が身に付いたら、次は絵から状況や表情を読み取れるような、表現力のある絵を書く事を心がけて下さい。
これが、アニメーターとして成功する練習法の1つと言えるでしょう。

Sponsord Link