アニメーター 道具

Sponsord Link


アニメーターとして活躍する為に必要な道具について

アニメーターというと、パソコンなどの機械についての知識を必要とするイメージがありますが、実際はパソコンスキルは全く必要ありません。
必要なのは、画力と仕事で使用する道具のみです。

今回は、アニメーターという仕事をする為に必要な道具についてをお話していきますね。
まず、仕事上必要と言われている道具は数多くありますが、最も重要な道具として、鉛筆とタップとトレース台が、まず始めに挙げられますね。
作画資料を作る為にカメラを用意したり、動画シーンの人物の動きをよりリアルに演出する為に、ビデオカメラで人物を撮影して動きを研究する人も居るそうです。

ビデオカメラやデジタルカメラなどは、あれば良いとされていますが、絶対に揃えなければいけない道具として、タップという道具が挙げられます。

この「タップ」とは、一体何をする為の道具なのかを、次で説明していきたいと思います。

アニメーターの仕事をする為に必要なタップという道具について

アニメーターとして仕事をする為に、タップという道具が必要不可欠になってきます。
この道具は、一体どんな事に使うのでしょうか?

まず、タップは2種類に分ける事が出来ます。
一つ目が動画用紙用タップと言い、用紙を定位置に固定する為の道具の事で、アニメーターの命とも呼ばれる大切な仕事道具の1つです。
習字をする際、半紙を文鎮で押さえておくと思いますが、役割としては文鎮と同じ役割を果たすと思って下さい。

動画用紙用のタップの他に使われているのが、色彩用タップという道具になります。
こちらは、動画用紙をスキャナーする際、紙がズレないように押さえておくものなので、動画用紙用のタップとしては不向きと言えますね。

このように、一言で「タップ」と言っても、種類によっては使用用途も違って来るという事を、覚えておいて下さいね。

Sponsord Link