アニメーター 独学

Sponsord Link


独学で勉強しても、アニメーターになれるのか?

アニメーターとして就職する為に、専門学校に通う方も居ますが、独学で勉強してもアニメーターになる事は出来ます。
アニメーターという仕事は資格が必要が無い為、絵が上手であれば、誰にでもなれる職業と言えるでしょう。
その為、専門学校に通う必要制があまり無いとも言えるのです。

さて、肝心のアニメーターになる為の知識ですが、専門学校で学んだ事はアニメーターとして入社後に習う事が多いので、基本的な使用する道具などの部分については、特に勉強は必要無いと言えます。

絵の知識に関しても、入社時に必要なのは画力と表現力である為、突き詰めて絵の知識について勉強する必要もありません。
ですが、アニメーターとして就職する為には、覚えておいた方が良い専門知識も存在します。

次に、覚えておいた方が良い専門知識について、詳しく解説していこうと思います。

独学でアニメーターになる為に、知って起きたい知識とは?

独学でアニメーターになる為に、知って起きたい専門知識などについてを説明していきます。

まず、アニメーターとして就職した後に、必要な道具などについてを勉強していくので、就職までに必要なスキルは、「画力のみ」と言えるでしょう。
ですが、余裕がある場合、解剖学的構造やパースの基礎などのに関して勉強しておくのも、アニメーターとして働くのに有利に動く事でしょう。

解剖学的構造は、平面の物体を立体的に動かす為に必要な知識です。
人間の骨格や筋肉の付き方を把握する事で、漫画をアニメーションにする際に、より人間らしい動きを忠実に再現する事が出来るのです。

次にパースとは、絵に奥行を出す書き方の事です。
普通の絵に奥行を出す事によって、よりリアルに表現する事が出来ます。

この2つの手法について勉強しておけば、アニメーターとして実戦に携わった時に役立つ事になるでしょう。
興味のある方やステップアップを目指している方は、解剖学的構造やパースについて、ぜひ勉強してみて下さい。

Sponsord Link