アニメーター 研修

Sponsord Link


アニメーターの研修期間について

晴れて就職出来た場合は、他の職業と同じように、会社の定めた研修期間を経なければ、アニメーターとして活躍する事は出来ません。

研修期間とは、その人がアニメーターとして適している人材かなどを見極める期間でもあります。
この期間内に、少しでも成長が見られなければ、残念ながら解雇となってしまうでしょう。

また、この期間に関しては、会社によっても異なってきますが、大体3ヶ月として設定している会社が多いそうです。
ですが、画力や絵の表現力などが、その会社の基準を満たす事が出来ていれば、研修期間も無く即就職する事も可能になります。

最短で2ヶ月、最長で6ヶ月の期間を設定している会社もあり、その人の成長速度によって、期間が短くなったり長くなったりするのですね。
研修期間を経て、ようやくアニメーターとしての活躍する事が出来るのですが、次は詳しい研修内容などについて、お話しましょう。

アニメーターとしての研修内容とは?

アニメーターとして活躍する為には、まず会社の定めた研修をこなさなければいけません。
今回は、詳しい研修内容などについてを、お話していきます。

入社すると、アニメーターとして活躍する前に、まずは画力を上げる研修を行います。
研修内容はその会社によっても違って来ますが、基礎研修として、アニメーションを描く為の線画を徹底的に練習したり、実践に近い形を保ちながらスキルアップを目指していきます。

画力を上げる事が出来たら、次はアニメーターとしての基本を学んでから、実践へと移っていきます。

基本的な研修内容は、どれも画力を上げる為の練習と、アニメーター技術の基礎を1から学ぶ事になりますね。
研修で出遅れない為にも、アニメーターとして必要最低限の知識は、予め覚えておいた方が良いと言えるでしょう。

Sponsord Link