アニメーター 英語

Sponsord Link


海外でも通用するアニメーターになる為に必要な英語力について

日本だけではなく、世界にも通用するアニメーターになりたいと思う方は多いはずです。
その背景には、海外での日本アニメの人気の高さが関係していると思います。
あの有名なウォルト・ディズニーをはじめ、海外には世界に名を連ねるアニメ制作会社が存在します。
将来的に、世界的に有名なアニメ制作会社に勤める為には、まず英語力が備わっていなければいけません。

もちろん、海外へ渡れば日常会話は全て「英語」です。
日常会話が出来る程度の英語読解力は必要不可欠と言えるでしょう。
日常会話程度の英語力は必要ではありますが、それ以上の英語力はあまり必要無いと言えます。

特に絵に関しては、英語で説明しなければ理解されない絵ばかりを書いているようでは、海外で活躍出来るアニメーターになる事は出来ません。
持ち前の表現力を生かし、説明しなくても、その絵の状況などが相手にきちんと伝わるような絵を描く事が必要だと言えます。

では次に、絵の画力や表現力、また英語力も備わっていて、後はチャンスを待つだけだという方に、海外でアニメーターとして活躍する為のバイトや求人情報の見つけ方についてを、お話していきたいと思います。

英語を使えるアニメーターとして海外で就職する為には?

海外でアニメーターとして活躍する為には、日常会話程度の英語力が必要だと言えるでしょう。
また、今回は海外のアニメ会社の求人やバイト募集の探し方についてを、お話していきますね。

海外のアニメ会社への就職を考えている場合、海外の会社に直接コンタクトを取る方法が最も望ましいと言えるでしょう。
あの有名なウォルト・ディズニーの制作会社などは、日本からの応募も受け付けていますので、直接問い合わせてみると良いと言えます。

ただし、海外のアニメ会社は日本の合格ラインを遥かに上回っていますので、相応の画力と表現力が必要です。
とにかく海外で絵の勉強がしたい、という方は、まず海外の下請け会社で動画を描くバイトなどを探してみる事をお勧めします。

Sponsord Link